2018年06月12日

一歩間違えばわかりません

スポンサーリンク






新幹線で、また悲惨な事件がありました。。

亡くなられた男性は
とてもよい方だったそうで

心が痛みます。。。


ひどい事件が多いし、災害も多くて
どこで何が起こるかわからない、

怖がっていてはどこにも行けません。



犯人は精神疾患か障害があるようですが

親御さんは祖母に任せ、、、
もてあましていたのでしょう。





友達M子の息子さんは、


小さい頃から人と係わることが苦手で

中学から登校拒否になり
高校は定時制に入学しましたが続かず、


それ以降引きこもっていました。



その子が子供の頃、
私は何か障害があるかもと思いましたが
M子は全く気がつかなかったようでした。


大人になってから
発達障害と統合失調症がわかり

精神科に通院し薬も服用していましたが

なかなか難しいもので、、、








いつも、今日はここに行け、
あれを買って来い、
ご飯はあれを食べる、と振り回され

出来ないというと暴力を振るわれ


だんだん幻聴や妄想がひどくなり
ご近所の音がうるさいと言い
迷惑をかけるようにもなっていました。


成人男性ですから女の子にも
興味があるわけです。



何かあっては大変だし、
親は先にいなくなるので自立していかなければいけないし

M子は
やっと自分の手から離すことを決意し

去年精神科に入院させました。


やはりM子は、その子が
一人暮らしをし働けるようになることを望んでいます。


image.jpeg庭の撫子


それはそうですよね、一生病院にいるのはかわいそうです。

人生を謳歌してほしいと思うでしょう。


現実には難しい・・・


治るものではないと思います。



もし治療もせず、そのまま家にいたとして
一歩間違えれば
今回のような事件にもなるかもしれません




これまで、発達障害だけでなく
精神疾患もある人が
住み込みで作業も出来るような
施設を一諸に探しましたが
なかなかありませんでした。


そういう人たちの入れる施設が
あまりにも少ないように思います。


精神科に併設されたような
よい施設が増えることを願っています





応援していただけると嬉しいです。
   
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


人気ブログランキングへ









スポンサーリンク








posted by ゆめみるあっち at 15:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント